上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010-07-24 [ Sat ]



oda-zone の zoneって・・・。


辞書で調べれば、

「地帯」とか「区域」とか、「地域」とか「範囲」とかってことになります。

まぁ、“oda”の枠内ってことですね。

odaなりの判断しか出来ないわけで、

odaの理解の仕方しか出来ないわけです。

ええ、良くも悪くも何事も、oda-world です。

watashi、今はoda以外の何者でもないです、はい。


で、その領域はいったいどんくらいなの?どんな枠なのっ?って聞かれた時に、

非常に流動性と柔軟性のある範囲ですって応える感じです。

例えば“oda-zone”は、

場所としての範囲だけではないわけで、

時間も関っていれば、何よりwatashi本人が関っているわけで、

それをその時どきで、

伝えたり表現するしかないのです。はい・・・。



ワールドカップ終わっちゃいましたが、

サッカーの中にも“zone”って呼ぶ領域があって、

その瞬間にのめり込んで、能力全開にして、

時としてその能力以上の成果を上げる境地で(心理学でいうFlowのような概念)、

夢中になって何も考えていない状態こそ攻めには必要・・・・・・。って、

以前茂木健一郎氏との対談で岡田監督が言ってました。

茂木健一郎 脳は天才だ! (日経ビジネス人文庫)茂木健一郎 脳は天才だ! (日経ビジネス人文庫)
(2008/10)
茂木 健一郎

商品詳細を見る



watashiの場合特に攻撃したり攻めたりすることはないのですけれども、

基本的に夢中になれている時は本当に何も考えていないので、

勝手に良いものが出来たり、

これはwatashiの言葉じゃないだろうて思えるほど、

素晴らしいことばが口から勝手に出てきたり、します。



うっそマジ!!?すっげぇ?って言えるところ。

そうだよ!!ここここって思うわけです。

そんな枠、そんな境地、

それが“zone”なのです。

odaはいつもそんなところにいられたらいいなぁと思います。

まだまだ時々なのですが、

そんな境地にいる時間が増えたら、

いつもひらめいて、いつもミラクルでしょ?


いつも魔法だし、いつもワクワクっ。

こんな楽しいことったら!!

これからもっともっと拡大していきたいと思います。


そしてそして、

出会えたみんなにも、

それぞれの“zone”でいてほしいと思います。

会えなくても、

ちゃんと“〇〇-zone”しててほしいと思います。

斉藤さんなら“saitou-zone”、

中嶋さんなら“nakajima-zone”、

内田さんなら“Uchida-zone”、

大野さんなら“OH!No-zone”、(これは凄いな。枠がない人だ。^^)



そうあってほしいのです。





そんなこんなの“zone”なのです。





どもどもLove






oda-zone





スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://nadazona.blog63.fc2.com/tb.php/263-de565e6d

 | HOME | 

2017-06

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »

プロフィール

watashi (小田雅子)

Author:watashi (小田雅子)
oda-zone

インフォメーション




素敵な時間を☆

(^^)♪


Love。

YouTube - Zone


developed by 遊ぶブログ

weather-zone


-天気予報コム- -FC2-

musicmark-zone


*製作者ブログ*

ブログ翻訳(強化版)

powered by 3ET
powered by 電脳PC生活

pikopiko金魚♪

??
HeroRisa

?????????A?j????
GIF?A?j??

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。